しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グッズアンケートを実施しています。 | main |
冬の展示「超性の者達々」

いよいよ雪が積もり始めました…。

冬の前庭

(12/4撮影)  

これから青森の長い冬が始まります(´·ω·`)

そして年4回行っている展示替えもいよいよ冬の展示に。。

冬、外は雪に音をとられ静まり返りますが

展示室内ではダイナミックな板画が躍ります!

 

     ちょうせいのものたちたち

冬の展示「超性の者達々」

2019年12月10日(火)〜2020年3月8日(日)

 

冬の展示チラシ表

冬の展示チラシ裏

 

昭和16年、棟方は「題材は、佛さまに類したものがそれまでに

多いので、神さまの形をかりてと思い〜歴史の上にまだ姿を

あらわさない混沌たる世界の人物を板画にしようと思いました」

と語り、日本武尊より以前に古事記に現れてくる、日本の最初の

者達を〈超性の者〉と称して描き《門舞頌》と題し発表しました。

この後、天孫降臨にまつわる天鈿女命と猿田彦の神との出会いを

描いた《邂逅板画柵》や、「古事記に由来した誕生の神を網羅した」

と棟方が語る《群生の柵》などを制作します。


棟方は日本の最初の神々を超性の者と呼んでいますが、

必ずしも神に限ったものではなく、いわば人智を超えた

能力を持つ者を超性の者と考えていたのでしょう。

 

また、日本ではあらゆるものに神が宿ると考えられています。

例えば、富士山はコノハナサクヤヒメが山神として想定されて

信仰の対象となっているように、自然を神格化することがあります。

冬の展示では古事記に想を得て制作した作品や

棟方が超性の者と感じたであろう人物、風景などを描いた作品を

主に紹介いたします。

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/265
TRACKBACK