しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新トートバッグ発売中*:..。o○☆ * | main | 棟方志功クイズはじめました。 >>
府中市制施行65周年記念「棟方志功展」

府中市美術館にて、
府中市制施行65周年記念「棟方志功展」が、
5月25日(土)〜7月7日(日)まで開催されます。


チラシ表チラシ裏

この展覧会では、棟方板画の全貌と真髄を、
青森市にある棟方志功記念館の所蔵作品によってたどります。
岡本かの子の詩に寄せて女性への礼賛を謳いあげた連作
《女人観世音板画巻》。
青森県庁舎の玄関ホールに掲げるべく制作された《花矢の柵》。
全幅13メートルの大画面にわたって躍動感あふれる人物像が
輪舞する 《大世界の柵 坤 人類から神々へ》。
独自の版表現を模索し続けた棟方志功の軌跡を、
連作と大作に着目しながら紹介します。

展覧会ページより一部抜粋


連作と大作で迫る板画の真髄。

そのコピーどおり、当館から搬出された作品は連作と大作ばかり( ⊙⊙)
この展覧会は、すべて当館の所蔵作品で構成されているんです。

板画だけの棟方展って珍しいですよね。

20分スライドレクチャーや、

担当学芸員による展覧会講座も企画されています。

当館ではこれほどの作品群を一度に展示できるスペースがありません。

いつも全国から当館に足を運んでくださっている皆さん、

交通面でも、鑑賞できる作品数や大きさからいっても

またとない機会ですのでぜひご観覧くださいませ(*^^*)

「わたし倭画も見たいわ」という皆さんはぜひ記念館へ.。.:*・゜

6月18日(火)から始まる当館夏の展示では

倭画による鷹や鯉などの躍動する生命が多数展示されます。

板画、倭画とも棟方志功作品をよろしくお願いいたします^^
 

府中市美術館
一般 700円(560)円

高校生・大学生 350円(280円)

小・中学生 150円(120円)
※()内は20名以上の団体料金。
※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
※府中市内の小・中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料。
※「棟方志功展」観覧料金で常設展もご覧いただけます。
午前10時から午後5時(展示室入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
展覧会ページ / 府中市美術館

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/254
TRACKBACK