しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 棟方志功画伯命日&無料開館日 | main | 庭園の赤い実いろいろ >>
秋の展示は紐育や摩奈那発門多・・・?
イチイの実
黒文字塀の裏側にあるオンコ(イチイ)の実が赤く色づいていましたるんるん
庭の紅葉はまだまだですが、すっかり秋風が吹くようになりましたね。
青森へは秋の装いでお越しくださいニコニコ

さて、いきなりですがクイズです!楽しいぴかぴか
なんと読むか分かりますか?ひらめき
「摩奈那発門多」「紐育」「波渡尊河」「巴里寿」
これらは棟方がタイトルにつけたり、
作品に書き込んだりしている漢字です。
「紐育」は読める方も多いでしょうが、
「摩奈那発門多」は棟方の造語なので字の通り読めず・・・
棟方作品には一筋縄ではいかない読みをするものも多いですたらーっ
ヒントはアメリカやヨーロッパ・・・
当館では秋の展示【欧米の旅】が始まっています!おてんき

秋の展示【欧米の旅】
秋の展示【欧米の旅】
棟方が昭和34年に初めてヨーロッパを訪れた際に見た待望の絵、
ボッティチェリの≪ビーナス誕生≫をテーマにした板画や、
アメリカでトーテムポールを見て感動し、ニューヨークで制作した板画。
昭和42年、3度目のアメリカ旅行をし訪れた先々でのスケッチ。

秋の展示【欧米の旅】
また、滞米中に日本を想って描いた倭絵。
などなど!秋の展示は倭画の多かった夏と違い、
白黒の大きな板画が多く重厚な見た目となっていますもみじ
冒頭のクイズの漢字も展示の中で見つけられますよ見る

棟方が都合4回渡ったアメリカや、
その間に訪れたヨーロッパなどで何を見て何を感じたのか、
想いを馳せながらご覧になってみてはどうでしょうニコニコるんるん
Trackback URL
http://shiko-m.jugem.jp/trackback/190
TRACKBACK