しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
見上げてみてください
ひまわり
今年もアルル、ゴッホゆかりのヒマワリが咲きました!

ひまわり
門を入って左手に並んでいます。
すごく背が高いんです!!upup
ひまわり
小さなひまわりも元気に咲いていますおてんき
ひまわり
こちらは当館裏のひまわり。
正面のひまわりに負けない背丈!ぐんぐん伸びました晴れ
ひまわり
なかなか花開かないなぁと思っていましたが元気に咲き誇っています楽しい
今年も咲いてくれてありがとう!!
山、からの山、いかがですか
今年から「山の日」が施行されましたね楽しい
棟方は「わたくしは山が好きだ。土が盛り上がっている山、
土、自体が好きな私は、あの塊に動きを感ずる」と言っています。
当館で現在行われている、夏の展示「富嶽頌」では
様々な富士山の姿を中心に、
棟方の心に残った山の風景などを展示しています日の出

さて、八甲田山中、酸ヶ湯温泉から徒歩5分ほどの所にある
地獄沼に行ってきました車おてんき
地獄沼
水面に映る空の輪郭が富士山のよう、いや、津軽富士(岩木山)??
棟方も八甲田には何度も登り、何度も描きました日の出
大好きな酸ヶ湯温泉を定宿に、
今回展示している≪八甲田連山図≫も制作していますアート

地獄沼から見える石碑
地獄沼のすぐ近くにある石碑。
山仙鹿内辰五郎頌碑
「山仙鹿内辰五郎頌碑」と刻まれています。
仙人と称された山の案内人、鹿内辰五郎をたたえ棟方が揮毫しました。
石碑の上部には、鹿内辰五郎が吹くと鷹がやってきたといわれる笛や、
バス到着時に出迎えて鳴らしたラッパなどが描かれています楽しい
棟方は鹿内辰五郎と八甲田大岳に登り、その途中、
両翼に見事な円い紋様を持つ鷹を見たことがきっかけで鷹に神性を感じ、
鷹をモチーフにした作品を数多く制作しています。
今回の展示にいる鷹は≪鷹巌図屏風≫、絵付陶器≪鷹図≫ですぴかぴか

実はこの石碑と地獄沼、≪八甲田連山図≫で描かれているんですひらめき
八甲田連山図
左の≪八甲田連山図(C)≫に描かれていますよ虫眼鏡
右の≪八甲田連山図(A)≫は八甲田、睡蓮沼を前景に描いています。
画像だと小さくて分からないので、ぜひ確かめに来てくださいねわーいるんるん
実際に八甲田に行き、酸ヶ湯温泉と地獄沼の位置関係が分かると
見つけやすいかもしれませんおはな

当館の展示と、コントラスト鮮やかな夏の八甲田、
実際に志功さんが訪れ、感じ、筆をとった風景を行き来して楽しむ
作品鑑賞がもっと面白くなると思いますよラッキームード
夏も、開花も、あと少し!
ねぶたが終わり、今朝は夏が終わったのかと思うくらいの涼しさ。
今年も多くのお客様、観光客の皆様にお越しいただきました車バス船飛行機
東北の夏祭りを見て回っている方、
ねぶたに合わせて観光でいらした方、
中でも当館が目的で念願かなったという方、
遠路はるばるお越しいただき有難うございました。

今年のねぶたは雨も降らず、強い日ざしが降り注ぐ暑さが続きました。
当館自慢の池泉回遊式庭園も、
一休みしたり景観を楽しんだり、にぎわっていましたよおてんきムード

高田博厚のブロンズ像 「海」。
多くのお客様が記念写真を撮られていました楽しい
高田博厚のブロンズ像 「海」
ねぶた期間で葉がだんだんと赤く染まったような気がします。もみじ

はまなす
はまなすの実も赤く色づいています。るんるん

とんぼ
庭には赤とんぼが増えてきました。
どこから入ったのか事務室の中にもとんぼが・・・ジョギング?!

椿「朴伴(月光)」
江戸時代から続く名椿「朴伴(月光)」もたくさんの実をつけています。

そしてひまわり、記念館裏では咲き始めたのですが・・・
ひまわり
ひまわり
庭のひまわりは・・・汗汗
咲く前に秋らしい写真ばかりになってしまいましたたらーっ
あと少し!夏は続きますよね!ひまわり頑張れてれちゃうぴかぴか!!!!
明日は8月2日!ということは・・・
青森ねぶた祭いよいよ始まりますね!!
志功さん、ネブタが始まりますよ〜てれちゃうぴかぴかムード

当館は9時開館です!!
そして8月は無休です!
ねぶた祭期間中は例年多くのお客様でにぎわいますおはな

夏の展示「富嶽頌」では
≪佞武多の柵≫≪金魚ネプタの柵≫が展示されていますおてんき
≪佞武多の柵≫はミニクリアファイルになっていますよ楽しい
≪佞武多の柵≫
216円

ロビーには志功さんが大好きなネブタで跳ねている写真も飾っていますぴかぴか
上映している映像「彫る」棟方志功の世界では
ねぶたのシーンもありますから、夜のねぶた観覧を前に
気分を盛り上げていかれてはどうでしょう日の出

ねぶたの運行開始は19時10分から!
17時閉館なので、ゆっくりと展示を御覧になったあとは、
ねぶたが見えるポイントを探して、おいしいものを買い、
食べながらちょっと一休みして、ねぶたが始まるまで
ワクワクドキドキの時間を過ごすのもいいですね!!モグモグるんるん

青森ねぶた祭は2日〜7日まで!
(最終日は昼間の運行+夜は花火大会と海上運行)
青森の短い夏を存分に楽しんでくださいねラブラブ晴れ

青森ねぶた祭、詳しくはこちら
モウッコ?
夏の展示では2つ
当館で初めて展示する作品があります!!
それがこちらの板画作品。

≪モウッコの面の柵≫

まずは右の作品から。

≪海のオルゴールの柵≫
作品全体に彫りこまれている詩は、詩人竹内てるよの詩です。
詩集『海のオルゴール/子に捧げる愛と詩』を出版する際に
表紙を飾るため制作されました。
2002年にスイスで開催された「国際児童図書評議会」
創立50周年記念大会で、美智子皇后が
スピーチの中で竹内てるよの代表作「頬」を引用したことから、
あらためて注目されるようになりましたかわいい

さて、もうひとつ、左の作品。

≪モウッコの面の柵≫(もうっこのつらのさく)
モウッコ?
何だか分かりますか?
津軽の子守唄に、「モウッコ(モッコ等)」という歌があります。
泣いてばかりいると山からモウッコが来るぞショック
寝ないと山からモウッコが来るぞしょんぼり
ということを津軽弁で歌ったものです。
モウッコとは、漠然とした怖いもの、恐ろしいもの
というような意味らしいです。
そんな怖いものに見えないひやひや かもしれませんが
こちら実は、棟方志功最大の板画≪大世界の柵-乾≫の一部を
抜き刷りしたものなんですひらめき鳥
板木72枚を使い、横幅約13メートルもある大作の左上に位置します。
裏彩色もされていないし、顔の向きも違います。
怖くないかも?と思われた≪モウッコの面の柵≫も、
大世界の柵で全身を見ると異なる印象にびっくりするかもしれません!
今回の展示では≪大世界の柵≫を展示していないので
ひとまず図録などの印刷物でご確認下さいわーい
Check