しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
制作の原動力にもなっていた「音楽」

インフルエンザが全国的に流行していますが皆様お元気ですか。

青森市は8日(金)からぐっと冷え込むようで…

最高気温も氷点下の真冬日が続く予報です((´`))

そんな寒さ厳しい3連休最終日11日も当館は元気に開館いたします^^

 

現在開催中の展示は、冬の展示「ヨロコビノウタ」

「音楽というものと美術との関係は、わたくしはきりはなせない、

お互いむすび合う世界だと思っています」と語る棟方にとって

音楽の旋律とリズムは制作の原動力でもありました。

 

「青森ねぶた図」「御山参詣人図」

毎年のように夏に帰省しては参加した大好きなねぶた祭りのお囃子や、

当館ロビーで上映している映画「「彫る」棟方志功の世界」でも

♪サ〜イギ サーイギ ドッコーイ サ〜イギ…と口ずさむ

津軽地方で行われる五穀豊穣祈願の行事、お山参詣のお囃子

 

「津軽三味線の柵」など

同じく映像の中で口ずさんでいる、嫁いびりをうたった津軽民謡

「弥三郎節」をテーマにした作品や、揮毫した三味線

 

「歓喜自板像・第九としてもの柵」関連作品展示

そして、冬の展示ポスター作品の「歓喜自板像・第九としてもの柵」

数々の大切なものに囲まれ幸せに満ちた自画像ですが、

この作品の関連作品を展示しているのがこちらのコーナー( ╹ ◡ ╹ )

 

河井寛次郎や濱田庄司の陶器、柳宗悦の心偈が書かれた軸、

池大雅の水墨画に棟方が愛用した茶碗や彫刻刀など

受付でいつも配布している作品解説とは別に、

「歓喜自板像・第九としてもの柵」関連展示作品解説もご用意しました♪

作品に込められた想い、なぜそれが描かれているのかなどなど

発見する、知る、つながる楽しみがあると思いますƪ(ˆ◡ˆ)ʃƪ(ˆ◡ˆ)ʃ

どうぞごゆっくりご鑑賞くださいませ。

 

このほか、愛聴したベートーベンのレコードや、

ジャケットを手がけたレコードの板画や板木もあわせて展示中˒˒♪♬

楽器や音楽を主題にとった作品の展示だけでなく、そういった資料も

展示しているので、より 棟方志功 が感じられると思います(・д・´*)

 

雨だったり雪だったり吹雪いたり、外に出るのも億劫ですが

ぜひ、棟方志功記念館に遊びに来てくださいね!

最寄りバス停からのルート案内

皆さま当館へお越しの際はどの交通機関を利用していますか?

 

当館への交通のご案内はサイト上でもお知らせしていますが

「最寄りバス停から遠い」という声を耳にしましたので…

今回はより詳しく、バス停から当館までのルートをご紹介します^^

 

当館までの往復ルートを記した地図をご用意しました∠(・_・)

右上の□をクリックすると拡大地図が表示されます。

 

地図説明

 

左側に表示されているメニューの、黄色くマーカーを引いた部分

先頭に、3つの〇が線でつながっているマークのある行をクリックすると

4色のルートが表示されます。

 

●【往路】「棟方志功記念館通り」〜棟方志功記念館

青森市営バス「棟方志功記念館通り」バス停から当館へのルート。

バスで通ってきた方向へ歩き、横断歩道を渡って直進で着きます。

「棟方志功記念館通り」〜棟方志功記念館

●【復路】棟方志功記念館〜「棟方志功記念館通り」

当館から青森市営バス「棟方志功記念館通り」バス停へのルート。

当館の反対車線に渡り、コンビニを左折します。

棟方志功記念館〜「棟方志功記念館通り」

約300m。徒歩約4分。

・青森駅から乗る場合は、東口市営バス3番のりば

 時刻表に「中筒井」または「棟方志功記念館通り」とあるバスに

 ご乗車してください。

 

●【往路】「堤橋」〜 棟方志功記念館

青森市営バス「堤橋」バス停から当館へのルート。

●【復路】棟方志功記念館〜「堤橋」

当館から青森市営バス「堤橋」バス停へのルート。

約700m。徒歩約10分。

・青森駅から乗る場合は、東口市営バス2番のりば

 時刻表に「東部営業所」とあるバスにご乗車ください。

・新青森駅から乗る場合は、南口市営バス1番のりば

 「東部営業所」または「県立中央病院前」行きへご乗車ください。

 

行きと帰りはバス停の車線が同一ではありません。

市営バスは、後ろから乗って、前から降ります。

青森県では電車、バスなどの交通機関でSuicaは使用できません×

ご注意くださいませ(´_`)

 

また、本数は減りますが、新青森駅、青森駅から1本でお越しいただける

あおもりシャトルdeルートバス「ねぶたん号」もございます。

(http://www.aomori-kanko-bus.co.jp/topics.html)

青森市内の主要観光施設を循環しているので、三内丸山遺跡、

県立美術館、アスパム、県立郷土館などで降りることができます。

料金は1回乗車200円(小学生 100円、未就学児童は無料)

 

当館向かいのバス停が降車専用。

 

ねぶたん号 降車側

 

門を出て左は乗車専用です。

ねぶたん号 乗車側

 

 

当館からお帰りの際に何かご不明な点がございましたら

受付スタッフまでご遠慮なくお申し付けください。

どうぞ青森観光をお楽しみくださいませ(^_^)ノ

謹賀新年

2019亥年

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

鏡餅生け花

 

皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたか?

年末寒波、なんてテレビで騒いでいましたが

帰省など移動に影響の出た方も大勢いらっしゃると思います。

青森は年末寒波かは知りませんが吹雪、吹雪でした。積もりました〜

当館外観

当館では毎年元日より開館していますが、今年の正月三が日も

お足元の悪い中お越しいただきありがとうございました。

おかげさまで新春くじは好評のうちに終了いたしました✧˖°

 

今日は久しぶりに日ざしの差し込む明るい空です(´。•ㅅ•。`)

当館は除雪をお願いしているので雪にズブズブ埋まることはないですが

道路脇にはこのように大きな雪山が。冬の風物詩ですね。

当館前の道路

道中の除雪が追い付いていない場合、歩道がなかったり道路が狭かったり

滑るし足を取られるし徒歩、車ともに移動が困難になります(´_ _`)

雪がなければ車で10分の道も、道路状況によっては30分以上に。。。

寒波だから対策を〜といわず、

青森は寒いし!吹雪きます!ので

防寒・雪対策を万全にして時間に余裕をもった行動で

冬の青森観光を楽しんでくださいね(o^▽^o)

青森の皆さんはあと2〜3か月、雪に負けずがんばりましょう(´_`)

年末年始の開館・新春くじのお知らせ

冬の展示看板

冬の展示「ヨロコビノウタ」が始まりました( ・◡・ )

会期は2019年3月17日までです。
冬場はお出かけも億劫になりますよね…
今回の展示は音楽と関わりのあるものを中心に展示しています。
音や楽器がテーマの作品だけでなく、レコードや楽器そのものまで!
雪の心配の少ない日は是非!お越しください ( ◠ ◡ ◠ )

 

さて、展示替えも終わったということは年の暮れ。

当館は年末、12/29〜31までお休みをいただきます。

年始は1/1元日より開館いたします。

 

年明けには恒例の新春くじを行いますよ♫•*¨*•.¸¸♪

 

 1等  図録
 2等  グラビア3枚組
 3等  色紙
 4等  クリアファイル
 5等  絵葉書


新春くじ景品

景品全種類広げてみました(*’ ‘)

 

新春くじ1/1〜3の各日先着50名様、空くじございません!

対象は、観覧券をご購入のお客様、賛助会員様(本人のみ)です。

 

冬の展示のポスター掲載作品、

《歓喜自板像・第九としてもの柵》の絵葉書は販売していませんが

 5等 の景品になっています<(_ _ )>

他も販売されていないグッズですので3日間だけのチャンス!

 

皆さま来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えくださいませ*・゚☆.。.:*

冬の展示「ヨロコビノウタ」

記念館前庭

積もる時はあっという間です(´_` )

12月11日午前9時現在の青森市の積雪は48cm。

これは昨日の写真なので、今日はさらに高く積み重なっています。

出勤前、帰宅前の車の雪下ろしも大変なわけです( ´_ゝ`)

 

この雪が積もった光景を見ると春夏秋があったことなんか忘れて

一瞬で冬に切り替わるというか、ずっと冬だったような気さえします。

今年も冬が来たというよりは、いつもの冬、

いつもの終わらない冬の中にいる感じがするのは私だけでしょうか。

・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚・。゚・。・o゚

 

雪吊りされた前庭

雪吊りはしていますが、毎年よく重みに耐えてくれます。

 

というわけで冬ですので秋の展示が終ります。

秋の展示「華狩頌−心で花を狩る」

12月16日(日)17:00までです。

 

次に始まる展示はこちら!!

冬の展示「ヨロコビノウタ」

2018年12月18日(火)〜2019年3月17日(日)

 

冬の展示チラシ表

冬の展示チラシ裏

 

棟方志功は、音楽はベートーベンというくらいに好み、

蓄音機も持っていない頃から

交響曲第1番から第9番までのレコードを持っていました。

 

ベートーベンの曲から想を得て制作された板画《歓喜頌》では、

全長約6mの黒い板面に丸刀のみで17体の裸婦を彫りました。

それぞれ違う模様が全身に刻まれた裸婦は、

画面いっぱいに「ものの混然とした喜びの振舞い」となり描かれます。

まるで背景のようなこの板画で棟方は、

漠然とした無限な大きい世界で自らの歓喜の流れを表しました。


第九や津軽民謡を歌いながら制作する姿が映像に遺されていたり、

お囃子や楽器を奏でるモチーフを多く扱ったり、

棟方にとって音楽の旋律とリズムは制作の原動力でもありました。

棟方と音楽や詞のつながり、

ヨロコンデモよろこびきれない歓喜の想いをご覧ください。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン